コドミン 効果 口コミ ADHD 子供

0歳から分かるの?ADHDは何歳に判明!

 

 

注意力が散漫になってしまったり、
忘れ物が絶えないなど・・・

 

色々な困り事が生まれてしまうADHD

 

 

「もしも、うちの子がADHDだったらどうしよう…」

 

ADHDって、何歳から分かるの?

 

 

と、色々不安な事が出てきてしまうと思います。

 

 

そこで、まずはADHDについての知識を深めることから、
始めてみませんか?

 

     

 

コドミン公式サイト!

 

 

 

ADHDって、どんな障害?

 

 

ADHDとは、多動性・衝動性・不注意の
3つが現れる発達障害で、先天性のものが多く報告されています。

 

 

 

多動性の症状は、
「落ち着いていられない」事にスポットが当たります。

 

授業などを落ち着いて座って受ける事ができなかったり、
遊びやお買い物に出かけた時に、一人でどこかへ行ってしまったり・・・

 

話し始めると止まらなかったりして、
つまりは落ち着かない事が当てはまります。

 

 

衝動性の症状は、
「思った事をつい行動に移してしまう」という事があります。

 

相手の問いかけや話が終わらないうちに答えを言い出してしまったり、
欲しいものが我慢できずにダダをこねてしまったり、

 

つまり、物事の後先を想像せずに行動してしまい、
お友達とケンカになってしまったり物を壊してしまうなどの
症状が出てきてしまいます。

 

 

不注意に現れる症状は、
「簡単なミスを連発してしまう」という点です。

 

テストや宿題などで、簡単なミスを何度も繰り返してしまったり、
大切なものを無くしたり忘れたりしてしまったり、

 

興味を持った事以外に集中できず、
他の事がおざなりになってしまうなどの症状があります。

 

     

 

ADHDでお悩みなら!

 

 

 

ADHDは何歳から?診断できるの?

 

 

さて、ここまでがADHDの基礎知識です。

 

本題、
「ADHDは何歳から診断できるの?0歳でもわかるの?」

 

という点ですが、一言でお答えすると、

 

「ADHDは集団生活が始まる時期に分かりやすい」という話になります。

 

 

ADHDは、発達障害の一種です。

 

 

成長と共に少しずつわかり出す症状が多いので、
0歳の時点でADHDだと断定される事はほとんどありません。

 

 

ただ、ADHDが発覚する人達の中には共通点が見られています。

 

 

0歳の時に、

 

・なかなか寝付いてくれない

 

・寝返りが多く、落ち着かない

 

・視線が合いづらい

 

・抱っこを嫌がってしまう

 

 

このような点を共通して持っている事が報告されています。

 

 

0歳の時点では、ADHDはわからないですが、
育児日記をつけることによって、いざ分かりやすい時期の、

 

集団生活(保育園や幼稚園、小学校)が始まる時以降の
お子様の様子を観察されると良いかと思います。

 

 

 

うちの子がADHDだった!だけど薬に頼っていいの?

 

 

さて・・・ここまででADHDに当てはまってしまったら?

 

安易に薬に頼りたくない、副作用が怖い…

 

そうお考えの親御さんもいらっしゃるかと思います。

 

 

そこでおすすめしたいのが、
副作用のないサプリメントの使用です。

 

 

こんなサプリもあるんだよ〜という感覚で今は結構なのですが、
ゆくゆくは試してみたい!
と言うお考えがあるなら、今知っておいてもいいかと思います。

 

 

ADHDの症状に効いてくれると話題になっているサプリ「コドミン」は、

 

脳の伝達能力を上げてくれる「ホセファチジルセリン」が豊富に含まれています。

 

 

そして、お子様にも食べやすいラムネ味で、
継続しての摂取をしやすくなっています。

 

 

 

もしも病院に行くのがためらわれたり、
薬の副作用が怖い!という場合は検討してみてはいかがでしょうか?

 

    

 

コドミン公式サイト!