コドミン 効果 口コミ ADHD 子供

違いを分かりやすく比較!コドミンとリパミンps

 

 

多動性障害「ADHD」や、
集中・落ち着きに効くサプリ「コドミン」と「リパミンps」

 

 

この二つの共通点や、違いはどこにあるのでしょうか?

 

そして、どちらを選べばいいのか?

 

そんな、コドミンとリパミンpsを比較してみました!

 

    

 

コドミン公式サイト!

 

 

 

コドミンとリパミンpsに共通して期待できる事とは?

 

 

まず、コドミンとリパミンps、両方が一番の売りにしているのは、

 

「ホセファチジルセリン」という成分が豊富に含まれている事です。

 

 

ホセファチジルセリンとは何でしょうか?

 

 

ホスファチジルセリンとは、リン脂質の一種です。

 

主な働きは、
細胞の中へ栄養素を取り込んでくれたり、老廃物の排出となっています。

 

 

ホスファチジルセリンが身体の中で最も多く存在するのは“脳”

 

これが豊富にあることで、
脳への血流が改善されて脳細胞が活性化する効果があり、
「脳の栄養素」と言われるほど重要な成分です。

 

 

実はこの成分、食事で摂るのはとても大変なものなのです。

 

 

大豆や牛肉に含まれていると言われていますが、
大豆で言うと、0.003%しか含まれていません。

 

 

そして、ホスファチジルセリンの1日の必要摂取量は100mg〜300mg。
大豆だと1日に最低1000粒も摂らなければいけません。

 

 

コドミンと、リパミンpsには、どちらも1粒に100mg配合されており。
どちらにも1日に必要な摂取量が含まれているので、
とても手軽にホスファチジルセリンを摂取することが出来ます。

 

 

ホスファチジルセリンをしっかり摂取することで、
記憶力や集中力の向上、心が落ち着ける効果が得られ、
ADHDにも効果があると、コドミンとリパミンpsは紹介されています。

 

    

 

コドミン公式サイト!

 

 

 

コドミンとリパミンps、ぶっちゃけどっちがいい?

 

 

さて、このコドミンとリパミンpsですが、
どちらも脳にとても良い影響を与える成分が含まれている事がわかります。

 

 

この二つのサプリメントですが、
正直なところ・・・どちらが良いのでしょうか?

 

 

コドミンとリパミンps、
この二つの一番の違いは、定期配送コースの内容の違いですかね。

 

 

コドミンの定期配送コースは、
5回目の配送以降から解約・休止・配送周期の変更・再開の手続きができます。

 

 

比較的長期間試さなければいけないコースになりますが、
注目したいのは、60日の返金保障がある事です。

 

 

万が一身体に合わない場合は、
返金保障があると安心して試せますね。

 

 

一方、リパミンpsの定期配送コースは、
2回目からの配送の個数変更、
配送日の変更・休止や停止が出来るのが魅力です。

 

 

定期配送の回数に決まりがなく、
都合で個数や頻度を変えられるのが利点と言えます。

 

 

 

コドミンとリパミンpsは、これらの違いがあります。

 

成分の違いはほとんどないので、後は好みの問題でしょうか。

 

口コミや人気があるのは、圧倒的にコドミンの方が多く
今後も使った方の口コミや評価を参考にできるのは間違いありません。

 

     

 

コドミン公式サイト!