コドミン 効果 口コミ ADHD 子供

成分解析!安全性は?そして通販ではどこに売っているの?

 

 

集中力や注意力の底上げ、
そしてADHDの症状に効くと話題のサプリ「コドミン」。

 

 

これの安全性はどうなっているのかな?

 

成分に危険なものは無いの?

 

 

デリケートな商品だけに、
そういったことを、まずは調べてみました。

 

      

 

コドミン公式サイト!

 

 

 

コドミンの全成分を解析!

 

 

 

実際に購入して、子供も喜んで食べているのですが、
どんな変化があったのか、随時見守っていくこととします。

 

 

コドミンに入っている成分は、以下の通りになっています。

 

 

還元麦芽糖水飴、ブドウ糖、ホスファチジルセリン(大豆含む)/
結晶セルロース、酸味料、ステアリン酸カルシウム、
香料、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB1、
甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)

 

 

さて、これらの中で、
気になる部分をピックアップしてご説明していきます。

 

 

・還元麦芽糖水飴

 

還元麦芽糖水飴は、
とうもろこしやジャガイモのデンプンから作られている甘味料です。

 

低カロリーで、1グラムあたり2キロカロリー。

 

虫歯菌のえさになりにくいと言われています。

 

 

・結晶セルロース

 

結晶セルロースは、賦形剤や増粘剤で、栄養成分を固めるために使われていて、
色々な食品などに使われている安全性の高い成分です。

 

 

 

・ステアリン酸カルシウム

 

ステアリン酸カルシウムは、いわゆる乳化剤です。
混ざりにくいものを混ぜ合わせるために多く使われています。

 

 

 

・微粒二酸化ケイ素

 

微粒二酸化ケイ素は、サプリメントの吸湿を防ぐための成分です。

 

毒性はほとんどないと考えられています。

 

 

 

・アステルパーム

 

アステルパームは、カロリーがなんとゼロの甘味料で、
体内で代謝や吸収をされない成分です。

 

ですので、糖尿病を抱えていても、
安心して摂取することができるのです。

 

国際的に安全性が認可されており、
一般家庭で使用する量なら、急性や慢性の毒性は心配ありません。

 

 

 

この他の書いていない成分も調べてみましたが、
どれも食品に多く使われている成分で、毒性の報告はありませんでした。

 

 

つまり、コドミンの安全性はとても高いことになります。

 

当たり前ですけどね(笑)

 

 

 

コドミンで1つだけ注意したいこと!

 

 

コドミンに主に含まれている
「ホセファチジルセリン」は、大豆由来の成分になっています。

 

 

つまり、大豆のアレルギーを持っている方のご利用は十分な注意が必要です。

 

 

アレルギーが強く出てしまう方は、ご使用を控えた方が良いでしょう。

 

 

そこまで強くない場合は、試しに1日1粒から飲んでみて、
身体に異常が出ないかどうかを見ていくことが必要になります。

 

 

 

売っているのはどこ?通販であるの?

 

 

 

さて、この「コドミン」ですが、
通販ではどこに売っているのか、確認したところ、

 

Amazonや楽天市場など、
大手の通販サイトでは取り扱いがありませんでした。

 

 

公式サイトでは、1袋からの購入も可能になっていましたが、
1袋だけの単体購入コースですと、
定価の8980円+税でしか購入できません。

 

 

そして、1袋は1日1粒食べると計算すると1ヶ月分になります。

 

 

ホセファチジルセリンは、
数ヶ月継続して摂取する事で効果を発揮する成分です。

 

無くなるたびに、1袋ずつ購入していると、
正直な所、お財布に結構なダメージが来てしまいますね。

 

 

そこで利用したいのが、
お得な定期配送コースのトクトクコースです!

 

 

トクトクコースでは、
初回購入がなんと89%OFFの980円(税別)で購入できます!

 

そして、2回目〜4回目は3000円OFFの5980円(税別)

 

5回目以降は、
5000円OFFの3980円(税別)になります。

 

 

単品でその都度買うよりも、
とてもお得にできる事がわかります。

 

 

「コドミン」をお試しする時には、
このトクトクコースをうまく活用して、お得に購入していきたいですね。

 

     

 

コドミン公式サイト!