コドミン 効果 口コミ ADHD 子供

多動性障害って、どんな障害なの?わかりやすくご紹介!

 

 

 

多動性障害や、ADHDって、どんなものなの?

 

治る病気?障害?どうすればいいの?

 

そんな疑問をお持ちの方は多いかと思います。

 

ですので、まずは多動性障害について簡単にご説明します。

 

      

 

ADHD専用サプリがあった!?

 

 

 

多動性障害をもう少し詳しく知ってみよう!

 

 

多動性障害とは、「注意欠如多動性障害」の名前で知られる、
いわゆる「ADHD」というもので、発達障害の一種に分類されています。

 

 

症状は、多動性・衝動性・不注意の3つ

 

診断ができるのは心療内科や精神科の
医師による診察・診断が必要になります。

 

 

多動性で現れるのは、
落ち着いていることができずに、
そわそわしてしまったり動いてしまう症状や、

 

自分の事を喋りだすと止まらなくなってしまう、
「落ち着くことができない」という点です。

 

 

 

衝動性で現れるのは、
相手の問いかけや言葉が終わらないうちに話し出してしまったり、

 

後先を考えずに行動してしまい失敗する、
「思った事をすぐに行動してしまう」という点です。

 

 

不注意で現れるのは、
テストや仕事で簡単なミスを多くしてしまったり、
なくし物や忘れ物が後を絶たなかったり、

 

興味を持ったことのみに集中してしまい、
他の事に手が付かなくなる「集中力の欠如」という点が見られます。

 

 

 

多動性障害は、学童期の出現率ですと3〜5%、
男の子に比較的多いとされています。

 

 

また、遺伝などの先天性のものも多く報告されているようです。

 

 

 

また、多動性障害の人は、「ワーキングメモリー」という、
今行っている事や考えている事を記憶する、

 

いわゆる「短期的な記憶能力」が弱いために、
現時点での自分の事を判断できずに、
対応できないことが原因とも考えられています。

 

 

多動性障害は、

 

まとめると脳の情報の伝達不足によって起こる発達障害なのです。

 

 

 

多動性障害の対策は何ができるの?

 

 

では、この多動性障害の対策は、何ができるでしょうか?

 

 

基本的には、日常生活に影響を及ぼさないレベルでしたら、
何もする必要はありませんが、

 

日常で困る事が多い場合は、
医師の診察と判断による治療がわかりやすい方法です。

 

 

主な治療は、コンサータやストラテラという
多動性障害の薬を飲んでいくような薬物療法や、

 

他には環境を整えたり、
対話によって少しずつ問題の解消を目指す方法を加えたりもします。

 

 

 

しかし、このような薬には、
依存性や副作用が付いてくるので、
リスクを多少覚悟しなければいけません。

 

 

そこで試したいのが、
「脳の情報伝達を助けてくれるサプリ」です。

 

 

サプリメントは、
薬とは違い「食品」に分類されるため、副作用の心配がありません。

 

それを活用すれば、
リスクが無く障害を解決できる可能性があります。

 

 

あくまでサプリなので、
症状が一気に解決することは望まないでください。

 

 

「少し落ち着きがなくて困っているレベル」

 

この程度なら、サプリでの改善余地は充分にある!と解釈してください。

 

 

で、お話を戻します・・・

 

脳の情報伝達を助けてくれるサプリの「コドミン」は、
大豆や牛肉にごくごく微量含まれる成分の「ホセファチジルセリン」が、
1粒に1日の摂取必要量の100mg配合されています。

 

 

これを、数ヶ月(3ヶ月以上が目安と言われています)続ける事によって、
じわじわと脳の伝達に役立つ成分が身体になじんで、
その結果、脳の情報処理がうまくいくようにサポートしてもらえます。

 

 

「コドミン」は、普通の薬局やドラッグストアでは販売されておらず、
今のところ、公式サイトでの通販でしか買うことが出来ません。

 

気になった方は、こういったサプリもあるんだ〜!

 

って感じで、覗いてみることから始めてみてはどうでしょうか?

 

    

 

コドミン公式サイト!