コドミン 効果 口コミ ADHD 子供

すぐにわかる!ADHDと多動症の違い

 

 

多動性障害やADHDと、「多動症」ってどう違うの?

 

どういうものが原因で起こるの?

 

今回は、そのような疑問を解決してみました!

 

      

 

多動症サプリの情報はここ!

 

 

 

多動とADHDの違いとは?わかりやすく説明してみた!

 

 

 

多動症とは、簡単に言ってしまうと
「通常の人と比べて、活発な状態である事」を指します。

 

 

これだけ聞くと、
「え、それって良い事じゃないの?」とお思いの方もいるかと思います。

 

 

しかし、「多動症」という状態は、
これが原因でトラブルを引き起こしてしまったり、

 

日常生活を問題なく送るのが困難な状態の事を意味します。

 

 

つまり、多動症が良い事とは簡単には言えないのです。

 

 

多動症の症状は、

 

・常にせわしなく動いている

 

・攻撃的な行動をしてしまう

 

・思った事を衝動的に行ってしまう

 

・注意力が散漫になってしまう

 

 

このような症状があります。

 

 

「あれ、これってADHDにも繋がる?多動症とADHDって、どう違うの?」

 

こう思った方もいるでしょう。

 

 

まとめると、

 

多動症は、このような症状をまとめた大きな分類であり、

 

ADHDは、多動が症状として現れるその中の小さな分類になるのです。

 

 

多動症が起こる原因は、ADHDだけではなく、
甲状腺ホルモンの異常や、脳・神経系・心理的な障害があります。

 

 

これらの原因の場合は、
ADHDとは違う方法での治療が行われることになります。

 

 

多動症が原因で、大きなストレスを感じ続けていると、
不安症やうつ病など、
二次的な病気を引き起こしてしまう可能性があります。

 

 

 

多動症の治療方法は、原因によって変わりますが、
元々の原因を治すための薬が処方されたり、

 

心理的なものが原因の場合は、
認知療法やカウンセリングによる治療が行われます。

 

      

 

サプリで緩和する方法もあり!?

 

 

 

多動症をいち早く解決するには!?

 

 

多動症は、色々な原因があるとお伝えしましたね。

 

精神的なものばかりが原因ではなく、
脳や神経系・心理的なものも障害になってしまうことをご説明しました。

 

 

多動症に共通して現れているのは、
「脳の情報伝達をする物質の不足」があります。

 

 

これを解決してあげれば、
多動症の解決が早くなると言っても間違いではありません。

 

 

 

脳の情報伝達をお助けする物質ってなあに?

 

 

 

では、脳の情報伝達を助ける物質とは何でしょうか?

 

 

それは、「ホスファチジルセリン」という物質です。

 

 

ホスファチジルセリンは、
大豆や牛肉にごくごく微量含まれている成分で、

 

 

これが十分にとれていると、集中力の上昇や、
リラックス効果(落ち着ける効果)、反射能力の向上や
ストレス緩和の効果が見られるようになります。

 

 

 

ホスファチジルセリンは、
食事で摂る事がとても難しいと言われています。

 

大豆に換算すると、1日に1000粒もの量を摂らなくてはいけません。

 

考えるだけで、とても大変ですよね。

 

 

そこで活用したいのが、
「コドミン」というサプリメントです。

 

 

コドミンには、1粒にホスファチジルセリンが100mg配合されており、
1粒で1日の必要摂取量を補うことができます。

 

 

多動症やADHDの方だけではなく、
集中力や反射能力を必要とする競技に
取り組む人や、勉強を頑張りたい人にも有効と言えます。

 

 

「コドミン」はサプリメントなので、
薬と違い副作用が無く安心して摂取できます。

 

 

 

多動症で苦しむ方や、
集中力や反射能力を上げたい方におすすめの「コドミン」。

 

 

知るだけ、見るだけでも、その存在は邪魔になることはありません。

 

    

 

コドミン公式サイト!